消費電力を減らして省マネー

毎月の水道光熱費の請求を見てため息をつくこと多くありませんか?ガス代、水道代、そしてどこの家庭でも一番料金が嵩んでいるのが電気代ではないでしょうか?待機電力を減らすためにコンセントを抜いたり、使っていない部屋の灯りのスイッチをこまめに切っているはずなのに、思うような結果が出ていないのは家庭で使っている「電球」や「蛍光灯」に問題があるからです。電気代は消費電力が大きくなるほど高くなるものです。消費電力を減らして、今までの明るさを保持できるのが、最近多くの家庭でも取り入れられているLED照明なのです。

LEDの電気代が安いワケ

なぜ、LED照明は電球や蛍光灯に比べて電気代が安いのでしょうか?電球や蛍光灯は手を近づけてみるとわかりますが、光と一緒に熱を放出しています。電球などは手を触れるとヤケドするくらいのこともあります。つまり、それだけの電力がムダに熱になって放出されているという訳ですが、その一方、LED照明はほとんど熱を出してなく、触っても熱くありません。電力のほとんどを効率よく光に変換できているからです。LED照明は少ない電力で電球や蛍光灯と同じ明るさの光を出せるので、電気代が安くて済むという訳です。

長持ちですぐに点くのがLED

LED照明は電気代が安いというばかりでなく、一般の電球や蛍光灯より遥かに長寿命なのも大きな特徴です。寿命が長いということは、面倒な交換の手間、特に高い所の照明の交換の手間が省けるのはうれしいことですね。とくに最近の住宅は高さのある洋天井だったり、吹き抜けがあるお宅も多いので、高所の電球交換するのにも業者に依頼しなければならないなんてケースも減ってきます。スイッチを入れると瞬時に点灯するのもLEDの特徴です。夜、帰宅した時など、なかなか明かりがつかなくてイライラすることもなくなりますよね。

LEDライトパネルは広く普及していることから、格安の中古品を購入することが可能です。新品よりも安いのが利点である一方で、稀に配線やパネル枠が損傷している物も紛れているので注意します。